こざるーむ いん グアム
こざるーむ遊び場ガイド グアム編        旅行日 2010年3月28日(日)〜4月2日(木)


初日は午後3時半頃にホテルに着く予定なので、オプショナルツアーは無理。ということでDFSでショッピングすることにしたのですが、それだけではつまらないので(私がですが(^.^))、DFSとセットでお出かけしました。

おでかけする前にオフィシャルHPやブログなどで調べたのですが、書いてあることのほとんどが100mある水中トンネルのことばかりで、どれくらい広いのか、観覧時間にどのくらい必要なのかわからなかったので、2時間半から3時間くらいを予定しました。


水族館はかなり小さいです。他の人が水中トンネルのことしか書かない理由は見てみたらわかりました。見るべきものはそれしかないからです。

100mの水中トンネルは確かに圧巻です。でも泳いでいる魚の数は少なく、種類も少なく、色彩も地味。100mあっても同じ水槽なので変化がなく飽きてしまいます。だから歩きなが見れば魚は十分見ることができます。100m歩くだけなので1分もあればいいんです(私たちは約20分いましたが)。

まぁ、日本の水族館のように、たくさん魚を水槽に入れるためには、かなり薬剤を使わなければいけないみたいなので、そういう意味では自然の海に近いのかもしれませんが。。。日本の水族館に慣れているとちょっと寂しいかも。

また魚の種類も少ないです。多分、近海の魚しかいないのでしょうね。イベントもサメのエサやりくらいしかありません。20時半以降に海底ラウンジ(水中トンネルでオープン)がありますが、18歳以上なのでファミリーには関係ありませんし。。。。

更に魚の説明が少なすぎます。説明が「くらげ」とか「たこ」だけとか。。。これじゃ、みんなちょっと見て進んで行くわけです。というわけで、水族館をゆっくり楽しむ私たちでも1時間しか滞在しませんでした。

普通に見るだけの人だったら30分でいいかも。実は、水族館に入る前に楽天のツアーデスクで「何分くらい楽しめるか」聞いたのですが。。。答えは「30分」だったんです(*_*)



★営業時間 10:00〜20:30(最終入館時間20:00)  [7/31〜8/31 〜21:00(最終入館時間20:30)]
★住   所 1245 Pale San Vitores Road, Tumon Guam
★TEL    1(671)649-9191
★入場料   大人 $23 , 子ども(3〜11才) $12
★音声ガイドレンタル $2
 



DFSの目の前にあります。またアンダーウォーターワールドがあるビル内もDFSに負けないくらいのショップがあります。楽天のツアーデスクもあるんですよ。チケット売り場はすぐわかりますが、入口が分かりにくいので注意してください。サメの歯がある場所が入口ですよ



1F
一番初めは熱帯雨林の水槽でカメがいます。暗いのでよく見えにくいのですが。

この熱帯雨林ゾーン(といっても通路全部でも30mもないと思いますが)を通り過ぎると水中トンネルになります。

この長さ100mの水中トンネルがこの水族館の目玉です。ずっと先まで続く水中トンネルを見た瞬間は「おぉー〜すげぇ」って感じで、かなり興奮しました\(^o^)/。

でも泳いでいる魚が地味な色合いなものが多く、水槽が区切られていないので、ずっと同じ魚ばかりのため同じ光景が続くため飽きます(-_-;)。

私たちは写真を撮るので約20分ほど見てましたが、みんな記念写真を何枚か撮ると、先へずんずん進んでましたよ。

チケット売り場前の水槽 熱帯雨林 カミツキガメ ブラウントゥリー・スネーク







うつぼ水槽 エスカレーターから見たトンネル水槽 2階へ



2F
水族館らしい展示室。水槽はどれも同じくらいの大きさで小さめ。水槽が小さくてもいいのですが・・・、説明があまりにもない。例えばタコ水槽の説明は「タコ」と書いてあるだけ。これじゃあ、水族館の面白さが半減しちゃいます。

それでも音声ガイドレンタルをすれば良かったのですが、受付には一つも残ってなく借りられませんでした。でも、水槽の最後の返却口にたくさんぶらさがっていたんですよねぇ〜。すぐ片づければ貸し出しできるはずなのですが、グアムは比較的全体的にのんびりしているので日本のようにはいかないのは仕方ないです。

展示は近海で採集したと思える魚ばかりなので魚の種類が少なく、日本の水族館のように水槽に工夫をしていませんし、イベントもほぼないのが残念です。

2Fは水槽展示 ミヤコテングハギ水槽 タカアシガニ ニシキアナゴ

クラゲ(タコクラゲ?) オニヒトデ タコ ミノカサゴ

サンゴ水槽 館内 サメの歯

シャコガイ サカサクラゲ 養殖サバヒー カクレクマノミ・クマノミ

マングロープ イヌザメ フグの仲間? トロピカルロブスター

タツノオトシゴ オウムガイ 音声ガイドレンタル

サンゴ礁にカモフラージュする色彩 ハタの説明 タッチプール

ミニ水槽 フリソデエビ ミナミハコフグ サカサクラゲ

なんでしょう? トンネル水槽を見下ろせる ウミガメの産卵 ウミガメのペインティング

ショップはぬいぐるみからアクセサリーまで子どもから大人まで幅広い層に対応したお土産がありました。最後の写真は水族館のスタンプラリーでもらったサメの歯です
inserted by FC2 system